全身日焼けた肌色に染める!?日焼け好きアメリカ事情!



もうすぐ夏ですね!
日焼けをしたくない!
紫外線対策を始めないと!
と考える方は多いと思います。

そう、日本は美白を好みます。

確かに紫外線はお肌に悪い影響を引き起こしてしまいます。
それに日に焼けていない肌は、上品でキレイというイメージがあります。

でも、
海外では日焼けした肌がの方が良いと考える人が沢山います。

日焼けをした肌の方が
健康的でよりセクシー!
体が引き締まって見えて美しい!
リゾート地で遊んでた?ステキ!

海外セレブだけでなく、ごく一般の人の間でも日焼けに対する意識がとても強いんです。

かつては日本でも、
一部の若者の間で
ガングロギャルが流行って時に
日サロに通う人が結構いました。


ここまで真っ黒に焼いていません。笑

もう少し健康的な色です☀️

海外のビーチ🏖で良く目にする光景はコレ↓



パラソル無しで砂浜の上に寝転がって日焼けをしています。


去年の夏にアメリカ友達にビーチにいこうと誘われたことがあって、
私は海に入る気満々でした!

が、、、

アメリカ人の友達は
海に入る気は全くなく、ただビキニを着て砂浜に寝転がって日焼けをしたかっただけでした😱

海行こう=海水に浸かる

と言うわけではないようです。


ただ、もちろん海外でも
日焼けのリスクを考えたり、
思い通りにキレイに日焼け焼けができなかったりするので、

サンレスタン(Sunless tan)といって、
肌をカラーリングしている人が結構います。

タンニングサロン(Tanning Salon)

エアーブラシやスプレーで簡単に染まります。
最近ではオーガニックのものもあります。

太陽を浴びないので皮膚ガンやシミなどにも安心です。

色の持ちは1週間くらい。
自宅でのアフターケアによって持ちの長さは変わります。

料金は
エアブラシだと35〜70ドル くらい
スプレーだと25〜50ドルくらい
サロンの機械などによって異なります。

タンニングサロンに行ったその日は、肌の色がオレンジっぽくなってて、ちょっと違和感のある人を何人も見ましたが、
1日経てばだんだんと馴染んできて、とてもキレイです。


セルフタンニング(Self Tanning)

セルフタンナー(Self Tanner)またはフェイクタン(Fake tan)いって、肌を日焼けした色に染める商品を使って自分で染めます。

最近では日本でも焼けた肌色に染まる商品が増えてきましたが、
アメリカではセルフタンナーの商品が沢山あります。

日本でも人気のクリニークでも
セルフタンナーがあります。


引用:CLINIQUE

塗った後15分待って乾かせます。
レビューは4くらいで結構人気の商品です。

日本では公式サイトでは売っていないのでしょうか?
ヤフーで3000円、楽天で4000円くらいで売ってるのを見ました。

私が以前使っていたのはコレです↓




少しずつ染まってきて、3日目くらいがちょうどいい感じに染まります。

あまりに塗りすぎると肌の色が変になるので、自分で調整しながら肌の色を変えられるセルフタンニングはおすすめです。


私もこの夏はサーフィンに行ったり、秋の初めはハワイに行くので、いっぱい日焼けをすると思いますが、肌のケアもしっかりしたいです☀️

コメント